意外と処理の面倒な腕と足。

私は自分でムダ毛の処理をしていますが、自分でムダ毛の処理をするときに一番処理しやすいイメージがあるのが、腕や足です。

実際一番処理しやすいですし、処理する頻度も高いです。

露出する頻度が高いためでしょう。

しかし処理をした後でよく見ると、処理のやり残しがあることも多いです。

まず腕に関しては、関節部分にやはりやり残しがあるのです。

どうしてもまっすぐ肌を伸ばすことのできない部位であるため、どうしても残ってしまうのです。

また足に関しては、太ももの裏をよく見てみると処理のやり残しがあるものです。

手は十分に届くものの、やはりちゃんとは見えない部分になるため、意外と残っているのです。

また、太ももの裏のムダ毛は、細かくて細い毛になっています。

その毛質がより一層、処理のやり残しを気づかせるのに時間をかけているのです。

またもちろん足にも関節部分はあります。

膝の部分はひじに比べて処理はしやすいものの、それでもやはりまっすぐにできないため、処理が大変です。

腕や足は、まっすぐな部分はきれいに処理できますが、まっすぐできない関節部分が大変なのです。

また、処理の頻度も高く、肌をいためる可能性が高いのも気になるところです。

夏は毎日処理しないと間に合わないほどです。

毎日の処理は肌をいためるだけではなく、時間ももったいないです。

そういった意味でもそうですが、それ以上に、毎日処理する必要があるくらいに見られることの多い部位であるからこそ、脱毛した方が良いのではないかと思います。

小田原近辺のサロン情報
脱毛サロン情報@小田原

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です